ドローン撮影

ドローン撮影

空からの撮影が一つ入ることにより、映像表現の幅が広がります。弊社では航空法、道路交通法や自治体の条例に沿って、法令遵守でドローンの安全飛行を行います。

ドローンを使用する撮影では、写真と動画が可能です。

ドローン撮影では、高所の撮影が前提としてありますが、人が容易に立ち入る事が難しい現場でも大きく役に立ちます。

屋根の状態確認など建物の俯瞰撮影、上空からの集合写真など、些細な事でもお客様に合った活用方法を提案致します。

一度ご相談くださいませ。

ドローン撮影条件について

天候、特定の環境
  • 雨、雪が降る環境での撮影
  • 風速10m/s以上の風
  • 電波塔による電波障害
航空法の規制
  • 空港や航空関係施設付近の空域
  • 地上または水面から150m以上の空域
  • 人口密集地上空の空域
国土交通大臣による許可が必要ケース
  • 飛行する時間帯は日中から日没までに飛行させること
  • 目視範囲内でのドローン飛行、飛行を行っている際は周辺を常に監視すること
  • 人や物から30m以上の距離を保ち、飛行させること
  • イベントなど、多くの人が集まる催しでの飛行
  • 爆発物等、危険物の輸送
  • ドローンから物件を落下させない
その他
  • プライバシー、肖像権の侵害に関しての法律
  • 道路交通法といった法令
  • 自治体が独自に制定している条例

弊社では、事前に必要な申請を行い、撮影をしております。

ドローンの保険に関して

弊社では、保険会社によるドローン保険に加入しております。

タイトルとURLをコピーしました